タカラバイオのガゴメ昆布「フコイダン」研究/30年にわたる「フコイダン」研究の歴史をご紹介します。


ガゴメ昆布「フコイダン」の化学構造と機能性を解明!

1995年、TaKaRaは長年の研究の末、ガゴメ昆布「フコイダン」の化学構造と機能性を解明しました。

また独自製法により、「フコイダン」を高純度で抽出し、より確かに安全に「フコイダン」の力を健康食品として
開発できるようになりました。

1985年からフコイダン研究を続けてきたTaKaRaだからこそできる
確かな品質のフコイダンを皆様の健康にお役立てください。

TaKaRaフコイダン研究30年

タカラバイオの「フコイダン」研究の歴史

1985年 「フコイダン」の有用性に着目して研究を開始
1990年初期 ネバリ成分が豊富な北海道産のガゴメ昆布に着目
1995(平成7)年 「フコイダン」を分解する酵素を発見し、ガゴメ昆布「フコイダン」の化学構造と機能性を解明
1996(平成6)年 学会発表を開始
数多くの試作を繰り返し、高純度の「フコイダン」抽出技術を開発
TaKaRaガゴメ昆布「フコイダン」シリーズ販売
現在 「フコイダン」に関する数多くの特許を取得
「フコイダン」の様々な試験を実施し、学会で発表

タカラバイオ(株) 博士(学術) 大野木宏タカラバイオ(株)
博士(学術) 大野木宏

タカラバイオ研究員が語る「フコイダン」の魅力 「終わりのない、フコイダン研究。人々の健康のためには妥協しません」

ガゴメ昆布との出会い
昆布は昔から健康にいいといわれていますが、『何が、どのようにいいのか』は誰も知らない。
だから、『フコイダン』の化学構造がわかれば、その『何が』がみえてくるはず。先輩の研究員たちは、この『何がいいのか』を解明するための基礎研究に時間を費やしたと聞いています。
地道な工程を経て、化学構造を解明
それぞれを見てみると、海藻によってフコイダンを形成する化学構造が違うことがわかってきたんです。なかでもガゴメ昆布は、天然界では数少ない『硫酸基』を持つ多糖類で、この硫酸基の有無が、フコダインの働きに重要であることもわかりました。しかもガゴメ昆布は、他の海藻にはない3種類のフコイダンを持っていることもわかったんです。
特性をそのままに、というこだわり
ガゴメ昆布『フコイダン』を研究する上で、とくにこだわったのは、自然本来の状態である高分子の『フコイダン』でした。分子量については、様々な議論がされてきましたが、高分子の『フコイダン』だからこそその力を発揮できる。人為的に低分子化すると、本来の力を損ねてしまい、『フコイダン』の力が弱まってしまうことを確認しています。
フコイダン研究に終わりはない
フコイダンの有用性に関する研究と同じように、遺伝毒性や過剰摂取など、いろんなケースを想定した安全性試験を細かく実施していることは胸を張って言えます。安全性を確認するデータは、たくさんあってもあり過ぎるということはありませんから。
フコイダンとは

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。