ガゴメ昆布とは?/「フコイダン」が豊富に含まれる、大変貴重な昆布「ガゴメ昆布」についてご紹介します。


ガゴメ昆布

ガゴメ昆布とは・・・

褐藻綱 コンブ目 コンブ科 トロロコンブ属
学名:ガゴメ Kjellmaniella crassifolia Miyabe
異名:ガゴメコンブ、ガモメ、ガモ

発見 1902(明治35)年に札幌農学校(現 北海道大学)の宮部金吾博士により発見
大きさ 葉の長さ1.5m~3m 幅0.2m~0.5m
特徴 葉の全面の大小の凹凸紋様
生育環境 通常は水深10m前後~25mの岩礁上に生育
採取時期 多年生で通常2年目のものを採取
生産量 北海道産昆布全体の数パーセントと希少
海中のガゴメ昆布
真昆布とガゴメ昆布

ガゴメ昆布は、昆布の中でも貴重な品種

ガゴメ昆布は、北海道函館近海の限られた海域にまとまって生育する食用の海藻です。

表面にある独特の凹凸紋様が特長的で、「ガゴメ」という名前の由来は、
この「籠目」模様がなまったものといわれています。

水温や水深などの生育条件が、他の昆布と比べて非常にデリケートなため、生産量は
北海道で生産される昆布全体のわずか数パーセントという希少な品種です。

近年、健康成分の「フコイダン」を豊富に含むことから、ガゴメ昆布の人気が急騰しており、
時には品薄となるほどの貴重な昆布になっています。

ガゴメ昆布の強力なネバリ

ガゴメ昆布の驚異のネバリ

真昆布や利尻昆布といった一般的な"だし昆布"と比べてネバリが強く、
ガゴメ昆布を水にさらし、しばらくしてから引き上げると、ネバリが帯状に伸びて1メートル以上持ちあげても切れないという驚きの光景を目にすることができます。

実は健康成分「フコイダン」はこのネバリの中に含まれており、
ガゴメ昆布は他の昆布と比べて、「フコイダン」が多く含まれています。

ガゴメ昆布と真昆布のフコイダン含有量の比較図
 

北海道大学大学院 水産科学研究院 安井 肇教授が伝えるガゴメ昆布の魅力 「ガゴメ昆布はまさに『海の宝』。その魅力は人々の生活を豊かにする可能性に満ちています」

ガゴメ昆布は一部の海域だけが育む貴重な存在
ガゴメ昆布は、まとまって生育する海域が主に函館の東海岸に限られ、
特別な環境でしか育たないため非常に希少な品種なのです。
北から流れてくる親潮と呼ばれる寒流と、南から流れてくる対馬暖流の支流がうまく交じり合う、函館の東海岸の海域だからこそなんです。
また、生育地域が重なる真昆布と比べると、胞子をつける期間が短いため繁殖力が弱く、
さらに水深10m以上の深さに多く生育しているため漁も難しいんです。
繊細というか、厄介なやつですね。
特異な性質の持ち主
ガゴメ昆布の価値が認められてきたのは1990年代後半からです。
ガゴメ昆布には『フコイダン』という健康成分が豊富に含まれるという事実が明らかになりました。昆布など海藻類は、ネバリ成分である水溶性の粘質多糖類を含有しており、
このなかに様々な健康成分が含まれています。
なかでもガゴメ昆布はネバリがとても強く、粘質多糖類が大変豊富な品種で、『フコイダン』の含有量は他の昆布を大きく上回っていたんです。これがガゴメ昆布が今の地位を築いた二つめの理由です。さらに細かく分析すると、同じ『フコイダン』という成分でも、ガゴメ昆布が含有するその性質は他と一線を画し、非常に質の良いものであることがわかっています。
自然が生んだ "奇跡" の魅力
ガゴメ昆布は、表面にある独特の凹凸紋様が特長的で、
この『籠目』模様がなまったのが名前の由来ともいわれています。
真昆布にも幼体期にだけシンプルな凹凸模様が見られますが、ガゴメ昆布は逆に生長に伴って紋様が充実し、複雑化していく特長があります。
環境変化に非常に敏感で繊細なのに、外見は荒々しく大胆というギャップもまた、
ガゴメ昆布の魅力の一つですね(笑)。
ガゴメ昆布は自然が生み出した奇跡の原石。その恩恵に感謝し自然と共生しながら、
人類の健康生活に欠かすことのできない新たなパートナーとなることを期待しています。
ガゴメ昆布は人類が発見した新たな "宝" だと思っています。

北海道大学 大学院 水産科学研究院 安井 肇 教授

北海道大学 大学院 水産科学研究院
安井 肇 教授

1955(昭和30)年生まれ

北海道大学 大学院水産科学研究院 教授
(水産学博士)
専門分野は海藻学、昆布など大型海藻類の発生学水産生物学の専門家としてガゴメ昆布を長年研究に加えて、講演活動などを通してガゴメ昆布の独自の魅力を広く発信している

▲ページの先頭へ戻る

TaKaRa健康通販ではガゴメ昆布の強力なネバリ成分「フコイダン」を含んだサプリなどをご紹介しています。
TaKaRaフコイダンシリーズのご購入ならTaKaRa健康通販。